FC2ブログ
COCCO英会話 香里園店 マイからの日記
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニュアンスの違いについて語る・・・の巻
2010年12月15日 (水) | 編集 |
Hi there!
皆さんこんにちは!お久しぶりです^^

寒くなりましたね。

寒いときは着込むのでどうしても肩こりになってしまうのが悩みです。

肩こり、英語でなんというかご存知ですか?

I have stiff sholders. です

日本では肩こりという言葉は良く使いますが、
アメリカの文化は日本とは違うみたいで
あまり肩が凝ったとか言う話はしないみたいですね。

しかも、have stiff sholder(s) というより、
have a stiff neck といったほうが、言いたいニュアンスは伝わるみたいです。

ニュアンスの違いといえば、

先日、フリートークで1人のお客様が先に帰られるとき、
他のお客様に「お先に」とおっしゃっいました。

「お先に失礼します」の略で日本人がよく使いますよね。

英語にすると、
Excuse me, I'm leaving first. ですかね?あまり言わない表現です。

英語圏では「お先に」という文化がないので

I have to go now.や
I'll go home. で表現します。

そうなると、日本語で言いたいニュアンスと違いますよね?

でも文化の違いなのでそれは仕方ないのかもしれません。
日本では相手を敬うという文化が強いんですね。

「すみません」という言葉もよく使いますが、
英語で、Sorry を頻繁に使っていると
なんでそんなに謝ってるの?と不思議がられます。

そんな感じで、英語と日本語、言いたいことのニュアンスが違っても
その場にあった表現を使うのが一番いいのだと私は思います^^


さて、久しぶりのブログ更新で長くなりましたが、
読んでいただきありがとうございます。

今年も残り半月です!

忘年会やお掃除やらで皆さんお忙しいとは思いますが、
香里園店は28日まで営業しておりますので、
ぜひご利用ください!

皆様のお越しをお待ちしておりますっ!!

では今日も元気いっぱいのマイっちでした♪
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。